2016年04月03日

祖母の時代とわたしの時代





祖母が溜め込んでいたタッパーなどが大量に出てきました。


image-38b75.jpeg



どれも使い込んで汚れていたり、傷んでいるものばかり。



中にはフタだけしか無いものもありました。



使い込んで傷んでしまいもう使わないけれど、何かに使える、もったいないという思いがあり、とっておいたみたいです。




入れていた物の匂いが付いてしまっていたり、劣化してベタベタしていて、今後も使うことはなさそうなので、祖母に許可を取り捨てることにしました。





今の時代、必要な物が安くすぐ手に入りますが、祖母の時代はそうはいかなかったと思います。



だからこそ、同じ物をたくさん買ってしまったり、使えなくなってももったいなくてとっておいたのだと思います。



わたしは今まで、そういう祖母の思いを理解できずにいました。



でも、今後はそういった祖母の思いをないがしろにせず、しっかりと向き合いながら断捨離をしていきたいと思いました。










ランキングに参加しています。よろしければクリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

posted by さくら at 22:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする